MENU

パーレー法(逆マーチンゲール法)の賭け方と最強な運用方法の徹底解説

Parlay_Eyecatch_001

パーレー法、別名「逆マーチンゲール法」は、勝った時に賭け金を倍にするシンプルな賭け方です。負けた場合には元の賭け金に戻すため、損失を最小限に抑えながら大きな利益を狙えます。この戦略は、短期間で大きな利益を上げたいプレイヤーに適しています。特にルーレットなどの独立事象のゲームで効果を発揮しやすく、初心者にも扱いやすいのが特徴です。本記事では、パーレー法の基本から応用までを徹底解説し、成功率を上げるための具体的な方法も紹介します。

ネットカジノニュースマップスではおすすめオンラインカジノをニーズ別で比較・ランキング化しています。
是非参考にしてください。

オンラインカジノ おすすめ総合ランキング【2024年6月】
新規カジノの入金不要ボーナスランキング【2024年6月】
初回入金ボーナス 甘いランキング【2024年6月】
新しいオンラインカジノランキング【2024年6月】

目次

パーレー法(逆マーチンゲール法)って何?

パーレー法(逆マーチンゲール法)って何?

パーレー法、またの名を逆マーチンゲール法とは、勝利した際に賭け金を倍にする賭け方のことを指します。従来のマーチンゲール法とは異なり、勝利時に賭け金を増やし、負けた時には初期の賭け金に戻すのが特徴です。これにより、連勝中に大きな利益を得ることが可能であり、負けた場合でも損失は最小限に抑えられます。この手法は、特にルーレットなどの50%の勝率を持つゲームに適しており、リスクを管理しながら効率的に利益を狙うことができるため、多くのプレイヤーに支持されています。

パーレー法(逆マーチンゲール法)の手順

パーレー法の仕組みは非常にシンプルです。ゲームに勝った場合、賭け金を倍にするという方法で、マーチンゲール法とは逆の賭け方をします。連勝が続く限り賭け金を倍にしていき、負けるまでこの手法を使用し続けるのが基本ルールです。

連勝時に掛け金を倍にし、敗北時に元の掛け金に戻す方法

パーレー法の核心は、勝利した際に賭け金を倍にすることです。例えば、最初に2ドルを賭けて勝利した場合、次のゲームでは4ドルを賭けます。その後も勝てば賭け金は8ドル、16ドルと倍増していきます。このように、連勝が続く限り賭け金を倍にしていきますが、負けた場合は賭け金を初期の2ドルに戻します。これにより、勝利時には大きな利益を得られ、負けた場合でも損失を最小限に抑えることができます。

賭け金と結果の例

ゲーム賭け金結果損益
12ドル勝ち+2ドル
24ドル勝ち+6ドル
38ドル負け-2ドル
42ドル勝ち±0
54ドル勝ち+4ドル

1〜2回目のゲームでは勝ち続けているため、賭け金を倍にしていきます。3ゲーム目で負けた場合、損失は最初に賭けた2ドルのみです。4ゲーム目では賭け金を初期の2ドルに戻し、勝利したため、損益は±0となります。5ゲーム目で再び賭け金を倍にして勝利したことで、最終的に+4ドルの利益を得ることができます。

パーレー法(逆マーチンゲール法)・メリット

パーレー法(逆マーチンゲール法)・メリット

パーレー法の最大の魅力は、少ない資金からでも大きな利益を狙える点です。勝利するたびに賭け金を倍にするため、短期間で資金を大幅に増やすことができます。連勝が続けば、初期投資の数倍ものリターンを得ることができ、初心者にも扱いやすいシンプルな手法です。

少ない資本で大きな利益を目指せる

パーレー法の魅力は、少ない資金からでも大きな利益を狙える点にあります。勝利するたびに賭け金を倍にしていくため、初期の少額からでも短期間で資金を大きく増やすことができます。以下の表は、その具体例です。

ゲーム賭け金結果損益
12ドル勝ち+2ドル
24ドル勝ち+6ドル
38ドル勝ち+14ドル
416ドル勝ち+30ドル
532ドル勝ち+62ドル

ここでは、2ドルからスタートし、連勝を続けることで5ゲーム後には+62ドルの利益を得ることができました。わずか5ゲームで31倍の利益を得られるため、少ない資金でも大きなリターンを狙えるのが大きなメリットです。この戦略は、資金が限られているプレイヤーにも有効で、効率的に賭け金を増やすことができます。

短期間での大きな勝利が期待できる

パーレー法のもう一つの大きなメリットは、短期間で資金を急速に増やせる点です。連勝が続くと、通常のベット方法と比較して、収益が格段に増加します。以下のシミュレーションでは、その違いが明確に示されています。

パーレー法(逆マーチンゲール法)

ゲーム賭け金結果損益
12ドル勝ち+2ドル
24ドル勝ち+6ドル
38ドル勝ち+14ドル
416ドル勝ち+30ドル
532ドル勝ち+62ドル

連勝を続ける限り、賭け金を倍にするため、わずか5ゲームで+62ドルの利益を得ることができます。

通常のベット方法

ゲーム賭け金結果損益
12ドル勝ち+2ドル
22ドル勝ち+4ドル
32ドル勝ち+6ドル
42ドル勝ち+8ドル
52ドル勝ち+10ドル

通常の賭け方では、賭け金が変動しないため、5ゲームで+10ドルの利益にとどまります。このように、パーレー法を用いることで、短期間で大きな利益を上げることが可能です。

操作が簡単で初心者にも使いやすい

パーレー法は、そのシンプルさから初心者にも非常に使いやすい必勝法です。この戦略は、ゲームに勝ったときに賭け金を倍にするだけという簡単なルールに基づいています。例えば、初めてカジノゲームをプレイする方でも、パーレー法の手順をすぐに理解し実践することができます。

具体的には、初回の賭け金を決めてゲームを開始し、勝利した場合にはその賭け金を倍にします。これを繰り返すだけで、連勝が続く限り賭け金は増えていきます。この手法の大きな利点は、その単純さにあります。複雑な計算や戦略を必要とせず、勝ったときに賭け金を倍にするという明快なルールに従うだけで良いため、初心者でもストレスなく楽しむことができます。

さらに、パーレー法は負けたときには賭け金を初期の金額に戻すだけでよいので、リスク管理も容易です。これにより、賭け金をコントロールしながら大きな利益を狙うことができるため、これからカジノゲームを始める方や、シンプルな戦略を求めている方にとって最適な選択肢と言えるでしょう。

パーレー法(逆マーチンゲール法)・デメリット

パーレー法(逆マーチンゲール法)・デメリット

パーレー法のデメリットには、連勝が途切れた際に利益が全て消えてしまうリスクがあります。勝ち負けが交互に続くと損失が増えやすく、カジノのテーブルリミットを超える可能性もあります。これらの点から、適切なストップタイミングを見極めることが重要です。

一度の敗北で利益が消えるリスク

パーレー法の一つの大きなデメリットは、連勝が続く限り大きな利益を得ることができますが、一度の敗北でこれまでの利益が全て消えてしまうリスクがあることです。以下の例で説明します。

ゲーム賭け金結果損益
12ドル勝ち+2ドル
24ドル勝ち+6ドル
38ドル勝ち+14ドル
416ドル勝ち+30ドル
532ドル負け-2ドル

この例では、5ゲーム目で負けたことで、これまでの利益が全て消えてしまいました。パーレー法を使用する際は、どこかで負けることを想定し、適切なストップタイミングを見極めることが重要です。

勝ち負けが交互に続くと損失が増える

パーレー法は連勝が前提の手法であるため、勝ち負けが交互に続く場合には損失がじわじわと増えていきます。以下の表でその影響を示します。

ゲーム賭け金勝敗結果
12ドル勝ち+2ドル
24ドル負け-2ドル
32ドル勝ち±0
44ドル負け-4ドル
52ドル勝ち-2ドル
64ドル負け-6ドル
72ドル勝ち-4ドル
84ドル負け-8ドル
92ドル勝ち-6ドル
104ドル負け-10ドル

このように、勝ち負けが交互に続くと、連勝しない限り損失が増えてしまいます。連勝できない場合は、テーブルから離れるのも一つの対策です。

カジノのテーブルリミットを超える可能性

パーレー法で連勝を続けると、賭け金が倍増していくため、最終的にはカジノのテーブルリミットに達する可能性があります。以下の表はその一例です。

ゲーム賭け金勝敗結果
15ドル勝ち+5ドル
210ドル勝ち+15ドル
320ドル勝ち+35ドル
440ドル勝ち+75ドル
580ドル勝ち+155ドル
6160ドル勝ち+315ドル
7320ドル勝ち+635ドル
8640ドル勝ち+1275ドル
91280ドル勝ち+2555ドル
102560ドル負け+15ドル

カジノでは、テーブルごとに賭け金の上限(リミット)が設定されています。パーレー法で連勝を続けると、最終的にはこのリミットを超える賭け金を必要とするため、注意が必要です。テーブルリミットは1ドル~2,000ドルあたりが一般的であり、これを超えた場合にはパーレー法が使えなくなります。

パーレー法(逆マーチンゲール法)の成功率を上げる方法

パーレー法(逆マーチンゲール法)の成功率を上げる方法

連勝が続いている限り、パーレー法を続けることが可能ですが、一度の敗北でそれまでの利益が失われるリスクがあります。また、カジノにはテーブルごとに賭け金の上限(テーブルリミット)が設定されているため、このリミットに達する前にやめどきを見極めることが非常に重要です。適切なストップタイミングを設定することで、リスクを管理しながら利益を確保することができます。

連勝の確率を理解する

パーレー法を効果的に使うためには、連勝の確率を理解しておくことが重要です。連勝が続く限り利益を積み上げることができますが、一度でも負けると利益が消えてしまいます。また、カジノにはテーブルリミットがあるため、やめどきを見極めることが成功の鍵となります。

ゲーム数連勝確率
1約50.00%
2約25.00%
3約12.50%
4約6.25%
5約3.12%
6約1.56%
7約0.78%
8約0.39%
9約0.19%
10約0.09%

連勝が続いているときは心理的に強気になりやすいですが、確率的にはリスクが高くなっています。例えば、3連勝後の次のゲームで連勝が続く確率はわずか12.50%です。この確率を理解し、リスクを把握することが大切です。

終了タイミングを事前に決める

連勝中にゲームをやめることは難しい決断ですが、1度の負けで全ての利益が消えてしまうため、やめどきは非常に重要です。事前に何連勝でやめるかを決めておくことで、無理を避けることができます。例えば、「3連勝したらやめる」というように、具体的な終了タイミングを設定しておきましょう。

このように、連勝の確率を理解し、終了タイミングを事前に決めることで、パーレー法の成功率を上げることができます。適切なタイミングでやめることで、リスクを最小限に抑え、効率的に利益を得ることが可能です。

パーレー法(逆マーチンゲール法)をルーレットで試す方法

パーレー法(逆マーチンゲール法)をルーレットで試す方法

パーレー法は、ルーレットでの賭け方として非常に効果的です。勝利するたびに賭け金を倍にし、負けたら初期の賭け金に戻すこの方法は、連勝が続く限り短期間で大きな利益を得ることができます。ヨーロピアンルーレットのような高還元率のゲームで試すと効果が最大化されます。連勝中に損益がプラスになった時点でやめることで、リスクを最小限に抑えつつ、効率よく利益を増やすことが可能です。適切なストップタイミングを見極めることが成功の鍵です。

パーレー法の実践結果

ここではオンラインカジノでパーレー法を使用し、ルーレットで実践してみました。今回は、還元率が高いヨーロピアンルーレットでパーレー法を試しています。

各ゲームにおける実践結果

以下は、パーレー法を使ってルーレットをプレイした全20ゲームの結果です。

ゲーム賭け金結果損益
12ドル負け-2ドル
22ドル負け-4ドル
32ドル勝ち-2ドル
44ドル勝ち+2ドル
58ドル勝ち+10ドル
616ドル負け-6ドル
72ドル勝ち-4ドル
84ドル勝ち±0
98ドル勝ち+8ドル
1016ドル負け-8ドル
112ドル負け-10ドル
122ドル負け-12ドル
132ドル勝ち-10ドル
144ドル勝ち-6ドル
158ドル勝ち+2ドル
1616ドル勝ち+18ドル
1732ドル負け-14ドル
182ドル負け-16ドル
192ドル負け-18ドル
202ドル勝ち-16ドル

実践の結果、連勝しているポイントでは大きく勝つことができ、利益を大幅に増やすことができました。しかし、一度の負けでマイナスに逆戻りするのは予想通りでした。連勝中に損益がプラスになった時点でやめておけば、最終的にプラスのまま終えることができたでしょう。

このように、パーレー法は使い方次第で効率よく利益を増やすことができます。そのため、連勝中のやめどきが非常に重要であることがわかります。

パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせ方法

パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせ方法

パーレー法は、オンラインカジノ必勝法の中でも非常に攻撃的な手法です。短期間で効率的に利益を上げることができますが、1度の敗北で損失が生じるリスクがあります。このリスクを回避するために、パーレー法とマーチンゲール法を組み合わせる方法があります。

パーレー法の連勝時の大きな利益を得る利点と、マーチンゲール法の負けたときに賭け金を倍にして損失を取り戻す利点を組み合わせることで、両手法の欠点を補い合い、より安定した利益を得ることが可能です。これにより、パーレー法の攻撃性とマーチンゲール法のリスク管理を融合させた、究極の必勝法が実現します。

パーレー法(逆マーチンゲール法)と相性の良いゲーム

パーレー法(逆マーチンゲール法)と相性の良いゲーム

パーレー法(逆マーチンゲール法)を効果的に活用するには、適したゲームを選ぶことが重要です。勝率が約50%で払い戻し倍率が2倍、そして「独立事象」のゲームが最適です。ルーレットは各スピンの結果が次に影響しないため、パーレー法と非常に相性が良いです。ブラックジャックやバカラは「従属事象」のため、パーレー法を使うならルーレットがおすすめです。では、続いて詳しく見ていきましょう。

独立したイベントのゲームが最適

パーレー法を効果的に活用するためには、適したゲームを選ぶことが重要です。マーチンゲール法と同様に、パーレー法を使用する際には、以下の条件を満たすゲームが最適です:

  • ゲームの勝率が約50%であること
  • 払い戻し倍率が2倍であること
  • 独立事象のゲームであること

独立事象のゲームとは、各ゲームの結果が他のゲームに影響を与えないゲームを指します。代表的な例として「ルーレット」「ブラックジャック」「バカラ」などがあります。

例えば、ルーレットは独立事象のゲームの典型です。ルーレットでは、各スピンの結果が次のスピンに影響を与えることはありません。これに対して、ブラックジャックやバカラなどのカードゲームは、使用されたカードがデッキから除かれるため、確率が一定ではなくなり、従属事象のゲームとなります。

パーレー法は、連勝が続くことで効果を発揮するため、前回の結果が次回に影響を与えない独立事象のゲームが特に適しています。このため、ルーレットはパーレー法に最も適したゲームと言えます。バカラやブラックジャックでも使用可能ですが、ルーレットの方がその特性を最大限に活かすことができます。

まとめ:パーレー法(逆マーチンゲール法)の賭け方と戦略

まとめ:パーレー法(逆マーチンゲール法)の賭け方と戦略

パーレー法(逆マーチンゲール法)は、勝った際に賭け金を倍にしていくことで短期間で大きな利益を狙う戦略です。この方法は、特にルーレットのような独立事象のゲームと相性が良く、初心者でも簡単に実践できます。ただし、連勝が前提のため、一度の敗北で利益が消えるリスクがあります。適切なタイミングでやめることが重要であり、連勝の確率を理解し、事前に終了タイミングを決めておくことが成功の鍵です。マーチンゲール法と組み合わせることで、さらにリスクを管理しながら安定した利益を得ることが可能です。

Parlay_Eyecatch_001

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次