MENU

マーチンゲール法の賭け方 : メリット、デメリットとカジノで人気の必勝法を徹底解説!

eyecatch martingale strategy

カジノでの必勝法として最も知られており、そのシンプルさと使いやすさで人気を誇るのが『マーチンゲール法』です。

この手法はカジノに限らず、さまざまなギャンブルや投資の場面でも有名です。その理由は“理論上負けない”と言われているからです。しかし、本当にこの方法で勝てるのでしょうか?

この記事では、マーチンゲール法の実際の効果について、徹底的に検証した結果を公開します。

ネットカジノニュースマップスではおすすめオンラインカジノをニーズ別で比較・ランキング化しています。
是非参考にしてください。

オンラインカジノ おすすめ総合ランキング【2024年6月】
新規カジノの入金不要ボーナスランキング【2024年6月】
初回入金ボーナス 甘いランキング【2024年6月】
新しいオンラインカジノランキング【2024年6月】

目次

マーチンゲール法って何?

マーチンゲール法って何?

マーチンゲール法の最大の特徴は、「連敗しても1度の勝利で全ての損失を取り戻せる」という点です。

使い方はとてもシンプルで、負けた時だけ次のゲームで賭け金を倍にするだけです。

この基本ルールさえ覚えれば、誰でも簡単に利用できます。使い方は以下の通りです。

STEP
基本の金額をベット

STEP
負けたら次のゲームで賭け金を倍にする

STEP
勝ったら再び基本の金額をベット

マーチンゲール法の賭け方の特性

マーチンゲール法の賭け方の特性

マーチンゲール法は、連敗するごとに賭け金を倍にしていく戦略です。

ゲーム賭け金結果損益
15ドル×-5ドル
210ドル×-15ドル
320ドル×-35ドル
440ドル×-75ドル
580ドル×-155ドル
6160ドル×-315ドル
7320ドル×-635ドル
8640ドル×-1275ドル
91280ドル×-2555ドル
102560ドル+5ドル

この方法を繰り返すことで、どれだけ連敗しても最終的には倍の賭け金を賭けているため、1度でも勝てばすべての負け分を取り戻せます。

つまり、マーチンゲール法の最大の特性は「どれだけ連敗しても、1度勝てば利益が出る」という点です。

マーチンゲール法の賭け方のシミュレーション結果は?

マーチンゲール法の賭け方のシミュレーション結果は?
ゲーム賭け金結果損益
15ドル×-5ドル
210ドル+5ドル
35ドル×0
410ドル×-10ドル
520ドル×-30ドル
640ドル×-70ドル
780ドル+10ドル
85ドル×+5ドル
910ドル×-5ドル
1020ドル+15ドル

10回のゲームで3勝7敗と勝率は30%でしたが、最終的な損益は+15ドルとなりました。

このように、マーチンゲール法は1度でも勝つまで続けることで、「理論上負けない」と言われています。そのシンプルな仕組みと理論上負けない特性から、カジノやギャンブル、投資の分野で長く使用されている必勝法です。

マーチンゲール法の賭け方・メリット

マーチンゲール法の賭け方・メリット

マーチンゲール法には、いくつかの利点があります。まず、使い方が非常に簡単で初心者でもすぐに実践できます。基本的に負けたら次の賭け金を倍にするだけなので、複雑な計算は必要ありません。また、一度の勝利で全ての損失を取り戻すことができるため、連敗が続いても最終的には利益を得ることができます。このシンプルかつ理論上負けない特性から、カジノやギャンブル、投資の分野で広く使われているのです。

誰でも簡単に使える

回数勝ちBET負け
11ドル5ドル2ドル
21ドル5ドル4ドル
31ドル5ドル8ドル
41ドル5ドル16ドル
51ドル5ドル32ドル

マーチンゲール法は、最初に賭けた金額を基準にし、負けた場合にはその倍の金額を賭けるだけのシンプルな方法です。難しい計算や複雑な手順は一切必要ないため、誰でも簡単に実践できます。このシンプルさが最大の魅力であり、初心者でもすぐに始められる手法となっています。

負けても最終的には利益が出る

回数勝敗BET損益
1×1ドル-1ドル
2×2ドル-3ドル
3×4ドル-7ドル
4×8ドル-15ドル
516ドル+1ドル

マーチンゲール法の大きなメリットの一つは、「1度勝てばすべて取り戻せる」という点です。

カジノやギャンブルでは連敗することもよくありますが、通常は連続して勝つ必要があります。しかし、マーチンゲール法では連敗中でも1度の勝利で全ての損失を取り戻し、さらに最初の賭け金分の利益を得ることができるため、この仕組みが多くの人に支持されています。

マーチンゲール法の賭け方・デメリット

マーチンゲール法の賭け方・デメリット

マーチンゲール法にはいくつかのデメリットがあります。まず、連敗が続くと賭け金が急激に増加し、大きな資金が必要となります。例えば、5回連続で負けた場合、最終的には16倍の賭け金を用意しなければなりません。また、カジノにはテーブルリミットがあるため、一定以上の金額を賭けることができません。これにより、理論上負けないとされるマーチンゲール法も実際には破綻する可能性があります。さらに、大きな損失が発生した場合、精神的な負担も増加します。

賭け金が倍々になるので、多額の資金が必要

マーチンゲール法を利用するには、多額の資金が必要です。連敗が続くと賭け金が急速に増加し、次第に多額の資金を準備する必要があります。

ゲーム賭け金損益
12ドル-2ドル
24ドル-6ドル
38ドル-14ドル
416ドル-30ドル
532ドル-62ドル
664ドル-126ドル
7128ドル-254ドル
8256ドル-510ドル
9512ドル-1022ドル
101024ドル+2ドル

賭け金を倍にすることができなければ、マーチンゲール法は成立しません。資金が十分であれば、連敗を続けても最終的には1度の勝利で損失を取り戻せるため、資金力が勝利の鍵となります。

負けると損失が大きく、勝っても利益は小さい

マーチンゲール法は連敗した場合、損失が大きくなりがちです。

賭け金損益連敗確率勝率
2ドル-2ドル50.00%50.00%
4ドル-6ドル25.00%75.00%
8ドル-14ドル12.50%87.50%
16ドル-30ドル6.25%93.75%
32ドル-62ドル3.13%96.87%
64ドル-126ドル1.56%98.44%
128ドル-254ドル0.78%99.22%
256ドル-510ドル0.39%99.61%
512ドル-1022ドル0.20%99.80%
1024ドル+2ドル0.10%99.90%

連敗しても1度勝てば良いという前提ですが、負けたまま終わると損失は大きくなります。最後に勝って終わることがマーチンゲール法の重要なポイントであり、連敗したまま終えると大きな損失を抱える可能性があります。10連敗する確率は0.1%と低いですが、確率論であるため注意が必要です。

マーチンゲール法の賭け方が最も効果的なゲーム

マーチンゲール法の賭け方が最も効果的なゲーム

マーチンゲール法は特定の条件を満たすゲームで最も効果を発揮します。この手法が有効なのは、勝率が50%に近いゲームです。具体的には以下のようなゲームが適しています。

勝率50%のゲームが最適

マーチンゲール法は、勝率が約50%で配当が2倍のゲームで最も効果を発揮します。例えば、ブラックジャック、バカラ、ルーレットなどのゲームが挙げられます。これらのゲームでは、連敗した際に賭け金を倍にしても、1回の勝利で全ての損失を取り戻し、利益を得ることができます。ただし、勝率が50%を下回る場合は、連敗のリスクが高くなるため、注意が必要です。

回数勝敗賭け金損益
1負け2ドル-2ドル
2勝ち4ドル0
3負け2ドル-2ドル
4負け4ドル-6ドル
5負け8ドル-14ドル
6勝ち16ドル-6ドル
7負け2ドル-8ドル
8負け4ドル-12ドル
9勝ち8ドル-8ドル
10勝ち16ドル0

このシミュレーションでは、10回中4勝6敗という結果で、最終的に損益は±0ドルとなりました。このように、マーチンゲール法は一度の勝利で損失を取り戻せる理論ですが、賭け金の増加と資金管理には注意が必要です。

従属事象と独立事象

マーチンゲール法を効果的に使うためには、ゲームの特性を理解することが重要です。ゲームの結果が次の結果に影響を与えない独立事象のゲームが適しています。

後続の結果に影響を与えない事象

独立事象とは、1回のゲームの結果がその後の結果に影響を与えないことを指します。例えば、ルーレットの赤黒賭けは毎回独立した確率であり、前回の結果が次の結果に影響を与えません。したがって、マーチンゲール法が効果的に機能します。

後続の結果に影響を与える事象

従属事象とは、1回のゲームの結果がその後の結果に影響を与えることを指します。例えば、バカラやブラックジャックは使用されたカードが取り除かれるため、次のゲームに影響を与えます。このため、マーチンゲール法を使用する際には注意が必要です。

マーチンゲール法の賭け方・注意点

マーチンゲール法の賭け方・注意点

マーチンゲール法は初心者でも簡単に実践できる戦略ですが、いくつか注意すべきポイントがあります。まず、連敗が続くと賭け金が急激に増加するため、十分な資金が必要です。また、カジノにはテーブルリミットが設定されているため、賭け金がリミットを超えるとこの戦略は使えません。さらに、大きな損失が発生した場合、精神的な負担も増える可能性があります。資金管理を徹底し、無理のない範囲で活用することが重要です。

20連敗すると賭け金が巨額に増加する

マーチンゲール法では、連敗が続くと賭け金が急速に増加します。例えば、2ドルからスタートして20連敗した場合、賭け金は以下のように増加します。

ゲーム数賭け金
12ドル
24ドル
38ドル
416ドル
532ドル
664ドル
7128ドル
8256ドル
9512ドル
101,024ドル
112,048ドル
124,096ドル
138,192ドル
1416,384ドル
1532,768ドル
1665,536ドル
17131,072ドル
18262,144ドル
19524,288ドル
201,048,576ドル

2ドルからスタートしても、20連敗すると賭け金は1,048,576ドル(約1億円)に達します。20連敗する確率は非常に低いですが、賭け金が急激に増加するリスクがあることを覚えておくことが重要です。

連敗が続くと賭け金が高額化し、テーブルリミットに達する

「資金は十分に用意したから問題ない」と思うかもしれませんが、オンラインカジノにはテーブルリミットが設定されており、それが問題となります。テーブルリミットはゲームごとに最小賭け金と最大賭け金が決められており、その範囲内でしか賭けることができません。マーチンゲール法では取敗が続くと賭け金が急増しますが、テーブルリミットに達すると、それ以上の賭けを行うことができなくなります。これにより、理論的には損敗を取り戻すための賭けができなくなり、戦略が破綻するリスクがあります。

マーチンゲール法とパーレー法の組み合わせ、究極の戦略

マーチンゲール法とパーレー法の組み合わせ、究極の戦略

マーチンゲール法とパーレー法(逆マーチンゲール法)は、それぞれに異なる特徴を持っていますが、これらを組み合わせることでお互いのデメリットを補完することができます。

例えば、基本の賭け金を2ドルと設定した場合、マーチンゲール法では勝てば+2ドル、パーレー法では負ければ-2ドルとなります。

ポイント:

  • パーレー法: 負けた際に基本の賭け金分がマイナスになる。
  • マーチンゲール法: 勝った際に基本の賭け金分がプラスになる。

この2つの戦略を組み合わせることで、それぞれのメリットとデメリットを相殺し、より安定した勝利を目指すことが可能です。

マーチンゲール法とパーレー法を組み合わせた使い方

マーチンゲール法とパーレー法を組み合わせることで、より効果的な戦略を構築することができます。

  • 1回目で勝った場合: パーレー法を使用します。勝利を重ねるごとに賭け金を倍増し、利益を最大化します。
    • 例: 2ドル→4ドル→8ドル→16ドル
  • 1回目で負けた場合: マーチンゲール法を使用します。負けた分を取り戻すために賭け金を倍増します。
    • 例: 2ドル→4ドル→8ドル→16ドル

このように、勝った場合にはパーレー法、負けた場合にはマーチンゲール法を使用することで、利益を積み重ねていくことができます。戦略的に2つの手法を使い分けることで、リスクを管理しながら収益を向上させることが可能です。

1回目で勝った場合: パーレー法

回数勝敗賭け金損益
1勝ち2ドル+2ドル
2勝ち4ドル+6ドル
3勝ち8ドル+14ドル
4負け16ドル-2ドル

1回目で負けた場合: マーチンゲール法

回数勝敗賭け金損益
1負け2ドル-2ドル
2負け4ドル-6ドル
3負け8ドル-14ドル
4勝ち16ドル+2ドル

このように、勝った場合にはパーレー法を使用し、負けた場合にはマーチンゲール法を使用することで、利益を積み重ねることができます。

稼ぐための最強効率の組み合わせ

マーチンゲール法とパーレー法を組み合わせることで、効率よく稼ぐための最強の戦略が実現します。負けた場合にはマーチンゲール法を使って損失を取り戻し、勝った場合にはパーレー法を使って利益を最大化します。

シミュレーション結果

回数勝敗賭け金損益
15ドル+5ドル
210ドル+15ドル
3×5ドル+10ドル
4×10ドル0ドル
55ドル+5ドル

このように、勝った場合にはパーレー法を使用し、負けた場合にはマーチンゲール法を使用することで、リスクを最小限に抑えながら利益を最大化することができます。

負けた場合にマーチンゲール法でしっかりと損失を取り戻すことが、この戦略の鍵です。パーレー法での利益を最大化し、マーチンゲール法での損失を補うことで、大きな損失を避けつつ、効率的に利益を積み重ねることができます。この2つの手法を組み合わせることで、より安定した収益を得ることが可能です。

マーチンゲール法の賭け方の由来

マーチンゲール法の賭け方の由来

マーチンゲール法の正確な由来は定かではありませんが、いくつかの興味深い説があります。最も有名な話の一つは、南フランスのマーティギュー地方出身者がこのベット方法を好んで使用したことに由来すると言われています。彼らはギャンブルで連敗することが多く、その様子を見て他の人々が「マーティギューシステム」と嘲笑するようになり、現在の「マーチンゲール法」という名前が定着したとされています。

また、一部ではこの名称が人名に由来するという説もありますが、具体的な人物や詳細な背景は明らかにされていません。このように、マーチンゲール法の起源については諸説ありますが、その効果的な賭け方としての評判は変わりません。

まとめ:マーチンゲール法の賭け方

まとめ:マーチンゲール法の賭け方

マーチンゲール法は、そのシンプルさと理論上の強さから、多くのギャンブルやカジノで使用されている人気の賭け方です。基本的なルールは、負けた際に次の賭け金を倍にすることで、一度の勝利でそれまでの全ての損失を取り戻すことができます。この方法は特に勝率が50%に近いゲームで効果的です。

しかし、連敗が続くと賭け金が急速に増加し、大きな資金が必要となるため、注意が必要です。また、カジノのテーブルリミットに達すると、それ以上の賭けができなくなり、戦略が破綻する可能性もあります。

これらのリスクを理解し、適切に管理することで、マーチンゲール法は非常に有効な賭け方となります。自分の資金力とカジノのルールを十分に把握し、賢く活用することが成功への鍵です。

eyecatch martingale strategy

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次