MENU

グッドマン法(1235法)って何?賭け方・使い方とシミュレーション比較詳細解説

グッドマン法(1235法)は、オンラインカジノでの堅実な必勝法の一つです。この方法は少ない資金でリスクを抑えながら利益を狙うのに適しています。賭け金は「1→2→3→5」の順で増やし、勝ち続けることで利益を積み重ねます。5ドルを超えた賭け金は固定し、負けた場合は1ドルから再スタートするシンプルです。連勝と連敗をシミュレーションすることで、他の攻略法と比較しながら、その特徴や効果を詳しく解説します。少額資金でのプレイに最適で、リスクを抑えつつ確実に勝利を目指せるこの方法を、ぜひ活用してみてください。

ネットカジノニュースマップスではおすすめオンラインカジノをニーズ別で比較・ランキング化しています。
是非参考にしてください。

オンラインカジノ おすすめ総合ランキング【2024年6月】
新規カジノの入金不要ボーナスランキング【2024年6月】
初回入金ボーナス 甘いランキング【2024年6月】
新しいオンラインカジノランキング【2024年6月】

目次

グッドマン法(1235法)って何?

グッドマン法(1235法)って何?

グッドマン法(1235法)は、オンラインカジノで利用される賭け方の一つで、堅実なプレイを重視するプレイヤーに適しています。この方法では、勝つごとに賭け金を「1→2→3→5」の順で増やし、負けた場合は1ドルに戻します。リスクを最小限に抑えながら、連勝による利益を狙えるのが特徴です。また、少額資金でも運用可能であり、連勝時には大きな利益を得られるため、初心者からベテランまで幅広く活用されています。

別名の1235法は賭け金の変動を表している

1235法とも呼ばれるグッドマン法は、その名の通り賭け金の変動を表しています。最初の勝利では1ドルを賭け、次に勝つと2ドル、さらに勝つと3ドル、そして最後に5ドルへと賭け金を増やしていきます。この順番に従うことで、リスクを抑えつつ連勝時には利益を最大化することができます。負けた場合は再び1ドルからスタートし、リスク管理をしながらも利益を積み上げていく戦略です。このシンプルな賭け金の変動が、グッドマン法の堅実さを支えています。

グッドマン法(1235法)の特性

グッドマン法(1235法)の特性

グッドマン法(1235法)の特性は、主に以下の3つに分けられます。

少ない資金でも利用可能です

グッドマン法では、最小賭け金が2ドル、最大賭け金が6ドルとなります。他のオンラインカジノ必勝法と比較しても賭け金が非常に小額です。以下はその計算例です:

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
12ドル勝ち+2ドル
24ドル勝ち+6ドル
35ドル勝ち+11ドル
46ドル勝ち+17ドル
56ドル勝ち+23ドル
66ドル勝ち+29ドル
76ドル勝ち+35ドル

少ない資金でも運用しやすく、資金が少ない方にも適しています。

3回以上の連勝時、2回の連敗でも損失はない

グッドマン法では、3連勝するだけで2連敗しても損失が発生しません。以下のように計算できます:

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
12ドル勝ち+2ドル
24ドル勝ち+6ドル
35ドル勝ち+11ドル
46ドル負け+5ドル
52ドル負け+3ドル

賭け金を上げていく最中に負けても、グッドマン法なら3連勝2連敗まで±0で終えられるため、堅実にゲームを進められます。

5回以上の連勝時、利益が大きくなる

グッドマン法では、5連勝以上すると利益が大幅に増えます。以下はその計算例です:

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
12ドル勝ち+2ドル
24ドル勝ち+6ドル
35ドル勝ち+11ドル
46ドル勝ち+17ドル
56ドル勝ち+23ドル
66ドル勝ち+29ドル
76ドル勝ち+35ドル
86ドル勝ち+41ドル
96ドル勝ち+47ドル
106ドル勝ち+53ドル

5連勝以降も勝ち続けることで、賭け金6ドルを維持しつつ利益を着実に増やせます。負けた場合にも損失が少なく、利益も確保できるのがグッドマン法の魅力です。

グッドマン法(1235法)の賭け方

グッドマン法(1235法)の賭け方

それでは、グッドマン法(1235法)の具体的な使い方と賭け方を解説します。

この方法は非常にシンプルで、堅実にゲームを進めたい方には最適です。ぜひ覚えておきましょう。

STEP
ゲームに勝った時点でグッドマン法を開始する

グッドマン法は、ゲームに勝った時点で開始します。負けている場合はこの方法を使用しないため、必ず勝利のタイミングで始めましょう。

STEP
勝利ごとに(1→2→3→5)と賭け金を増やしていく

グッドマン法では、勝つたびに賭け金を段階的に増やします。

増やす賭け金は「1→2→3→5」の順に固定されています。

この賭け金の増やし方はグッドマン法の基本ルールなので、しっかりと理解しておきましょう。

STEP
A:賭け金が5ドルまで上昇した場合、以降も5ドルで賭ける

賭け金が最大である6ドルに達した後も、勝ち続ける限り6ドルを賭け続けます。これにより、賭け金が過度に増加するのを防ぎつつ、リスクを抑えてゲームを進めることができます。

STEP
B:負けた場合は1ドルから賭け直す

もしゲームに負けた場合は、再度2ドルから賭け直します。そして、再び勝利した場合には「2→4→5→6」の順番で賭け金を増やしていきます。負けた場合の賭け金リセットをしっかり把握しておきましょう。

このシンプルなステップを覚えれば、グッドマン法を効率的に活用し、堅実にカジノゲームを楽しむことができます。

グッドマン法(1235法)の賭け方・実践

グッドマン法(1235法)の賭け方・実践

それでは、グッドマン法(1235法)の賭け方を実際のゲーム結果を通じて説明します。

第1ゲーム

まず、第1ゲームでは2ドルを賭けます。このゲームに勝利すると、賭け金は2ドル増え、+2ドルの利益になります。

第2ゲーム

続いて、第2ゲームでは賭け金を4ドルに増やします。ここでも勝利すると、賭け金は6ドル増え、累積利益は+6ドルになります。

第3ゲーム

第3ゲームでは5ドルを賭けます。勝利した場合、賭け金は11ドル増え、累積利益は+17ドルとなります。

第4ゲーム

最後に、第4ゲームでは賭け金を6ドルに増やします。ここで勝利すると、賭け金は17ドル増え、累積利益は+34ドルになります。

このように、グッドマン法(1235法)は、勝利ごとに賭け金を増やし、連勝による利益を最大化する方法です。負けた場合は再び2ドルからスタートするため、リスクを抑えつつ堅実にゲームを進めることができます。

グッドマン法(1235法)・メリット

グッドマン法(1235法)・メリット

ここでは、グッドマン法(1235法)のメリットについて3つ解説します。ローリスクローリターンの戦略として、この方法にはいくつかの重要な利点があります。以下に、その主なメリットを紹介します。

連続勝利が多ければ効果的です

グッドマン法は、連勝することで利益が大幅に増える仕組みです。以下の例をご覧ください:

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
12ドル勝ち+2ドル
24ドル勝ち+6ドル
36ドル勝ち+12ドル
48ドル勝ち+20ドル
58ドル勝ち+28ドル
68ドル勝ち+36ドル
78ドル勝ち+44ドル
88ドル勝ち+52ドル
98ドル勝ち+60ドル
108ドル勝ち+68ドル

連勝が続くと、利益は確実に積み重ねられます。したがって、連勝数が多いほど、グッドマン法は非常に効果的な必勝法となります。

勝率が50%なら大きな損失は発生しない

グッドマン法は、勝率が50%の場合に大きな損失を避けることができます。以下の例をご覧ください:

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
12ドル勝ち+2ドル
24ドル負け-2ドル
32ドル負け-4ドル
42ドル勝ち-2ドル
54ドル勝ち+2ドル
62ドル負け±0

連勝や連敗が続くパターンとは別に、勝ち負けが交互の場合でも、大きな損失が発生することはありません。賭け金が比較的低く設定されているため、少しでも連勝することで、利益を確保できます。

少額の資金でもプレイできる

グッドマン法は、連勝後に連敗しても損益がプラスで終わることが多いです。以下の例をご覧ください:

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
12ドル勝ち+2ドル
24ドル勝ち+6ドル
36ドル勝ち+12ドル
42ドル負け+10ドル
52ドル負け+8ドル
62ドル負け+6ドル

勝率が50%のゲームで、連勝後に連敗しても、最初の連勝で得た利益があるため、最終的な損益はプラスで終わることができます。このように、グッドマン法はリスクを抑えながらも、安定して利益を積み重ねられる方法です。

グッドマン法(1235法)・デメリット

グッドマン法(1235法)・デメリット

ここでは、グッドマン法(1235法)のデメリットについて3つ解説します。

シンプルで使いやすいグッドマン法ですが、いくつかの欠点もありますので、これらを理解しておきましょう。

勝ち負けが交互だと損失が増える

グッドマン法では、勝ち負けが交互に続くと損失が増加します。以下はその例です:

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
13ドル勝ち+3ドル
26ドル負け-3ドル
33ドル勝ち±0
46ドル負け-6ドル
53ドル勝ち-3ドル
66ドル負け-9ドル

勝ち負けが交互になると、損失が少しずつ増えていきます。連勝や連敗が続く場合は問題ありませんが、勝敗が交互になると損失が発生しやすくなります。この点は注意が必要です。

連勝しないと利益が少なくなる

グッドマン法は連勝することで利益を積み重ねる仕組みです。以下の例をご覧ください:

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
13ドル勝ち+3ドル
26ドル負け-3ドル
33ドル負け-6ドル
43ドル勝ち-3ドル
56ドル勝ち+3ドル
63ドル負け±0

連勝後に連敗するパターンであれば問題ありませんが、連勝が少ない場合、利益を増やすのは難しくなります。損失が出ることはありませんが、利益もあまり増えない結果になります。

利益を大幅に増やすには時間がかかる

グッドマン法はローリスクローリターンな方法であり、大きな利益を得るには時間がかかります。以下はその例です:

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
13ドル勝ち+3ドル
26ドル負け-3ドル
33ドル負け-6ドル
43ドル勝ち-3ドル
56ドル勝ち+3ドル
63ドル負け±0
73ドル勝ち+3ドル
86ドル勝ち+9ドル
97ドル勝ち+16ドル
108ドル負け+8ドル

グッドマン法では、連勝して利益を積み重ねることが必要ですが、連勝が少ないと利益が増えにくくなります。したがって、利益を大きく増やすには時間がかかることを理解しておく必要があります。

グッドマン法の賭け方:他の攻略法との比較

グッドマン法の賭け方:他の攻略法との比較

グッドマン法と同様に利益を追求する他の攻略法と比較してみましょう。比較対象とするのは「パーレー法」と「グランパーレー法」です。これらの方法はどれも攻撃的な攻略法ですが、それぞれのリターンとリスクを比較した結果を見てみます。

10回の連勝結果

以下は、10連勝した場合の結果です:

ゲーム数勝敗結果賭け金(グッドマン法)損益(グッドマン法)賭け金(パーレー法)損益(パーレー法)賭け金(グランパーレー法)損益(グランパーレー法)
1勝ち$3$3$3$3$3$3
2勝ち$6$9$6$9$9$12
3勝ち$9$18$12$21$21$33
4勝ち$12$30$24$45$45$78
5勝ち$12$42$48$93$93$171
6勝ち$12$54$96$189$189$360
7勝ち$12$66$192$381$381$741
8勝ち$12$78$384$765$765$1,506
9勝ち$12$90$768$1,533$1,533$3,021
10勝ち$12$102$1,536$3,069$3,069$6,042
ゲーム数グッドマン法パーレー法グランパーレー法
10$102$3,069$6,042

この結果から、10連勝した場合の損益には大きな差があります。賭け金の増加も全く異なるため、リスクとリターンのバランスが異なります。

7回の連勝と3回の連敗結果

次に、7連勝後に3連敗した場合の結果を見てみます:

ゲーム数勝敗結果賭け金(グッドマン法)損益(グッドマン法)賭け金(パーレー法)損益(パーレー法)賭け金(グランパーレー法)損益(グランパーレー法)
1勝ち$3$3$3$3$3$3
2勝ち$6$9$6$9$9$12
3勝ち$9$18$12$21$21$33
4勝ち$12$30$24$45$45$78
5勝ち$12$42$48$93$93$171
6勝ち$12$54$96$189$189$360
7勝ち$12$66$192$381$381$741
8負け$12$54$384-$3$765-$24
9負け$3$51$3-$6$3-$27
10負け$3$48$3-$9$3-$30
ゲーム数グッドマン法パーレー法グランパーレー法
10$48-$9-$30

この結果から、グッドマン法は7連勝後に3連敗してもプラスの損益を保つことができます。一方、パーレー法とグランパーレー法は賭け金が高騰しているため、連敗により損失が出てしまいます。

グッドマン法は他の必勝法と比較してローリスクローリターンと言えます。堅実で着実なスタイルが特徴のグッドマン法は、リスクを抑えつつ確実に利益を積み重ねたい方に適しています。

グッドマン法(1235法)の賭け方が適用可能なカジノゲーム

グッドマン法(1235法)の賭け方が適用可能なカジノゲーム

グッドマン法は、配当が2倍のゲームに特に適しています。以下のカジノゲームで効果的に使用できます。

ブラックジャック

ブラックジャックは、グッドマン法を適用するのに適したゲームの一つです。このゲームではプレイヤーとディーラーが対戦し、勝率が約50%となるため、グッドマン法の賭け金増加パターンが効果的に機能します。ブラックジャックの基本ルールを理解し、戦略を駆使することで、堅実に利益を積み上げることが可能です。

ルーレット

ルーレットもグッドマン法を使いやすいカジノゲームです。特に赤黒賭け、ハイロー賭け、奇数偶数賭けなど、配当が2倍で勝率が約50%となる賭け方が適しています。これらの賭け方を利用することで、賭け金を段階的に増やしながら、リスクを抑えてゲームを進めることができます。

バカラ

バカラもまた、グッドマン法を適用できるゲームです。バカラでは、プレイヤーとバンカーのどちらに賭けるかを選び、引き分けを除くと勝率は約50%となります。バンカーに賭ける場合、若干の手数料が取られることがありますが、ノーコミッションバカラを選べばこの問題も解決します。グッドマン法を用いることで、バカラでも堅実に利益を積み重ねることができます。

このように、グッドマン法(1235法)はブラックジャック、ルーレット、バカラといった勝率が比較的高いカジノゲームで効果的に活用できます。それぞれのゲームの特性を理解し、賭け方を工夫することで、リスクを抑えながら着実に勝利を目指せます。

まとめ:グッドマン法(1235法)の賭け方

まとめ:グッドマン法(1235法)の賭け方

グッドマン法(1235法)は、少ないリスクで堅実に利益を狙えるオンラインカジノの賭け方です。この方法では、勝つたびに賭け金を「1→2→3→5」と増やしていき、負けた場合は再度1ドルからスタートするシンプルな仕組みです。これにより、大きな損失を防ぎつつ、連勝時の利益を最大化できます。

特に、ブラックジャック、ルーレット、バカラといった勝率が約50%のゲームで効果を発揮しやすく、少額の資金でもプレイが可能です。また、7連勝後の3連敗のようなシナリオでも、損益をプラスに保つことができる点が魅力です。

一方で、勝ち負けが交互に続く場合や連勝が少ない場合には、利益があまり増えないことがデメリットとなります。それでも、他の攻撃的な攻略法と比べてリスクが低く、安定したプレイが可能です。

総じて、グッドマン法はリスクを抑えつつ確実に利益を積み重ねたいプレイヤーにとって非常に有効な賭け方です。ゲームの特性を理解し、賭け金の管理を徹底することで、オンラインカジノでの成功に繋がるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次