MENU

ダランベール法とは?使い方や欠点、賭け方について徹底解説!

pyramid-strategy_h1_002

ダランベール法は賭け金の管理に基づいたカジノのベッティングシステムです。この方法は、負けた後に賭け金を1単位増やし、勝った後に1単位減らすというシンプルな規則に従います。例えば、$5を賭けて負けた場合、次は$6を賭けます。これを勝つまで続け、勝ったら賭け金を$1減らします。この戦略の魅力は、長期的に安定した収益を見込むことができる点にあります。しかし、長い連敗に陥ると賭け金が増え続け、資金に限界があるプレイヤーにはリスクが伴います。また、勝ち負けが交互に来るシナリオでは利益を大きく出すことは難しいという欠点もあります。適切な資金管理とリスク評価を行いつつ、ダランベール法を上手に活用しましょう。

ネットカジノニュースマップスではおすすめオンラインカジノをニーズ別で比較・ランキング化しています。
是非参考にしてください。

オンラインカジノ おすすめ総合ランキング【2024年6月】
新規カジノの入金不要ボーナスランキング【2024年6月】
初回入金ボーナス 甘いランキング【2024年6月】
新しいオンラインカジノランキング【2024年6月】

目次

ダランベール法とは?別名ピラミッド法

ダランベール法とは?別名ピラミッド法

ダランベール法は、18世紀のフランスの数学者ジャン・ル・ロン・ダランベールによって考案された賭け方の戦略です。彼の名前を冠してダランベール法と呼ばれ、またその賭け金の増減がピラミッドのように積み上げられていく様子から「ピラミッド法」とも呼ばれます。この方法は、主に赤か黒、奇数か偶数といった約50%の勝率を持つ賭けに用いられることが一般的です。

この戦略の核心は、賭けの結果に応じて次のゲームでの賭け金を調整することにあります。具体的には、ゲームに負けた場合は次のゲームで賭け金を増やし、勝った場合は賭け金を減らすというシンプルなルールに従います。この方法により、長期的に安定して利益を出すことを目指すものです。

ダランベール法は、投資リスクを低減しつつ利益を積み重ねることができる戦略として、多くのプレイヤーに支持されています。特にオンラインカジノのような環境で、少ない初期資金で着実に資金を増やしていきたい場合に適しています。

ダランベール法(ピラミッド法)の特徴

ダランベール法(ピラミッド法)の特徴

ピラミッド法、またの名をダランベール法は、その穏やかな賭け金の増減に特徴があります。このシステムは18世紀のフランスの数学者ダランベールにちなんで名付けられ、賭ける際に数学的な原則を応用しています。特に、負けた際には次の賭けで1単位を増やし、勝ったら1単位を減らすというルールに従うことで、連敗中でも大損を避けることができるのです。この方法の魅力は、勝敗の結果にかかわらず、賭け金の増減が緩やかであるため、長いゲームセッションにおいても資金を維持しやすい点にあります。ただし、長期の連敗や連勝が発生した際にはその効果が減少するという側面も理解しておく必要があります。

ダランベール法は数学に基づいた賭け方

ダランベール法の賭け方は厳密な数学的原則に基づいています。これは、過去の勝敗に関わらず、将来の勝率が一定であると仮定し、負の進行法を使用することで資金を管理する戦略です。具体的には、各負け後に賭け金を一定額増やし、勝った後に同じ額を減らしていくことで、最終的には勝利した場合に損失を回収し、なおかつ少額の利益を確保することを目的としています。数学的には、勝敗が偶然に左右されるゲームにおいて、長期的なバランスをとるための理論的なアプローチと言えます。しかし、無限の賭け金とゲーム回数が存在しない実際のカジノでは、長い連敗に耐えられるかどうかがカギとなります。

ダランベール法は賭け金が少なく、低リスク

ダランベール法の最大の利点は、プレイヤーが直面するリスクの低さです。この戦略では、賭け金の増減が非常に緩やかに行われるため、大きな資金を一度に失う危険性が他のベッティングシステムに比べて少ないのです。具体的には、ゲームに負けた場合でも次のゲームの賭け金をわずか1単位増やすだけで済み、勝った場合は1単位減らすだけでよいので、バンクロールの急激な減少を防ぐことができます。これにより、連敗しても資金をすぐには使い果たさず、長期的なゲームプレイが可能となります。ただし、連敗の際に賭け金が増え続けるため、そのリスクを管理することが重要です。

ダランベール法(ピラミッド法)の賭け方

ダランベール法(ピラミッド法)の賭け方

ピラミッド法、またはダランベール法は、賭け金の管理を通じてリスクを最小限に抑えつつ、賭けの効率を最大化する戦略です。この賭け方は特に連勝や連敗が続いた際の損失リスクを緩和するために有効です。以下はダランベール法における基本的な賭け方のステップです:

STEP
始めるときに賭け金を決める

まず最初に、ゲームを始める前に基本となる賭け金を決定します。この金額はプレイヤーの初期資金やリスク許容度に応じて選ぶべきです。例えば、基本の賭け金を$5と設定する場合、これがスタート時の投資額になります。

STEP
賭け金の増減単位を決める

次に、勝った場合や負けた場合にどれだけ賭け金を増減させるかの単位を決めます。一般的には、賭け金の増減単位も初期設定として$1や$2など小さな単位が推奨されます。これにより、大きな損失を避けつつ徐々に利益を増やしていくことが可能になります。

STEP
勝った場合、賭け金の増減単位を1減らす

ダランベール法において勝利した後の行動は、賭け金を1単位減らすというシンプルなステップです。この手法は勝利の際に過度なリスクを避けつつ、既に獲得した利益を保持することを目的としています。例えば、もし5ドルを賭けて勝ったら、次のゲームでは4ドルを賭けるわけです。この減少パターンは、連勝が続いた場合に賭け金が0にならないように、最小限の賭け金を保つことでバランスを取ります。これにより、獲得した利益を賢く管理しながら、連勝の恩恵を受け続けることができるのです。

STEP
負けた場合、賭け金の増減単位を1増やす

ダランベール法における負けた場合の賭け金管理は、賭け金を1単位増やすというシンプルなアプローチを採用します。このステップは、一度の負けに対する損失を次のゲームで回収しようとする戦略です。たとえば、初めに5ドルを賭けて負けた場合、次のゲームでは6ドルを賭けることになります。この方法により、連敗中でも一度の勝利で過去の損失をカバーし、さらに小さな利益を上乗せする可能性が生まれます。しかし、この戦略を用いる際は、連敗が続いた場合に賭け金が急速に増加するリスクを理解し、資金管理に注意を払う必要があります。

ピラミッド法は、特にオッズがほぼ50/50のゲームで効果を発揮します。この方法では、賭け金のコントロールがカギとなるため、自己規律と資金管理が成功のためには不可欠です。

賭け金が無くなった時の選択

ダランベール法を用いてゲームを行う中で、連敗が続き基本の賭け金が尽きる可能性があります。この状況に直面した時の選択肢は非常に重要です。基本的には以下の二つの戦略から選ぶことになります:

  1. 最小賭け金で継続する: 賭け金が最小限まで減少した場合、プレイヤーは最小限のベットを続けることを選ぶことができます。この方法は損失をさらに抑えることができ、同時に勝利の機会を待つ低リスクのアプローチです。
  2. ゲームのリセット: もう一つの選択肢は、賭け金が底をついた場合にゲームを一時中断し、新たな賭け金で再スタートすることです。これにより、資金をリフレッシュし、新しい戦略で再びプレイを開始する機会を得られます。ただし、この方法では新たな資金投入が必要となるため、予算を再評価し、財務状況に無理がないことを確認することが重要です。

どちらの方法を選択するかは、プレイヤーの現在の資金状況、リスク許容度、およびゲームへの心理的な耐性に依存します。賢明な判断と適切な資金管理が、賭け金が無くなった時の成功への鍵となります。

ダランベール法(ピラミッド法):実際のカジノでのゲーム結果

ダランベール法(ピラミッド法):実際のカジノでのゲーム結果

ヨーロピアンルーレットでピラミッド法(ダランベール法)を試してみました。以下の条件でゲームを行いました:

  • ゲームの回数: 全10ゲーム
  • 初期の賭け金: 5ドル
  • 賭け金の増減: 勝った場合は1ドル減、負けた場合は1ドル増
  • 常に赤に賭ける

この条件でセッションを進め、実際のカジノゲームを模したテストを行いました。

ピラミッド法(ダランベール法)は、実際のカジノ環境で試された際、その効果が明確に表れることがあります。この戦略の成果を示すため、ある具体的なゲームセッションの結果を以下に示します:

  • 第1ゲーム: $5を賭け、負け。賭け金を$6に増やす。
  • 第2ゲーム: $6を賭け、再び負け。賭け金を$7に増やす。
  • 第3ゲーム: $7を賭け、勝ち。賭け金を$6に減らす。
  • 第4ゲーム: $6を賭け、勝ち。賭け金を$5に減らす。
  • 第5ゲーム: $5を賭け、勝ち。賭け金を$4に減らす。
  • 第6ゲーム: $4を賭け、負け。賭け金を$5に増やす。
  • 第7ゲーム: $5を賭け、勝ち。賭け金を$4に減らす。
  • 第8ゲーム: $4を賭け、負け。賭け金を$5に増やす。
  • 第9ゲーム: $5を賭け、負け。賭け金を$6に増やす。
  • 第10ゲーム: $6を賭け、勝ち。賭け金を$5に減らす。

このゲームセッションは、最終的には小さな利益で終了しましたが、ピラミッド法の主な利点である損失の緩和と一貫した賭け金の管理が適切に機能したことが示されています。賭け金の増減が比較的穏やかであるため、プレイヤーは資金を急速に失うリスクを抑えつつ、勝利のチャンスをじっくりと追求することができました。

ダランベール法10ゲームの実践結果

ダランベール法の利点・メリット

ピラミッド法(ダランベール法)は、多くのカジノ愛好家に選ばれるベッティング戦略であり、その理由は以下のメリットに由来します:

  1. 損失リスクの緩和: ダランベール法の最大の利点は、負けた際の賭け金の増加が徐々に行われるため、一度の大損を避けることができる点です。これにより、プレイヤーは長期にわたって安定してゲームを楽しむことが可能となります。
  2. 資金の効率的な管理: 賭け金が少しずつ増減することで、資金の管理が容易になります。勝ちが続いた場合に賭け金を減らすことで、得られた利益を守りつつ、さらなるリスクを避けることができます。
  3. 簡単なルールと適用の容易さ: ピラミッド法は理解しやすく、実践も簡単です。初心者でも、賭け金の増減ルールを覚えるだけで直ちに使用を開始することができます。
  4. 適用の幅広さ: ダランベール法は、勝率がほぼ50%に近いカジノゲームに最適です。ルーレット、バカラ、ブラックジャックなど、さまざまなゲームに適用可能で、幅広い選択肢に対応します。
  5. 長期的な利益確保の可能性: 連勝あるいは連敗が続いても、この戦略により長期的なバランスを保ちやすくなります。適度な増減を繰り返しながら利益を積み上げていくことが可能です。

これらのメリットにより、ダランベール法は多くのプレイヤーにとって魅力的な選択肢となっており、リスクを抑えつつ効果的に資金を増やす手法として認識されています。

賭け金が急激に増加することが少ない

ダランベール法(ピラミッド法)は、賭け金が急激に増加するリスクを抑えるために設計されたベッティング戦略です。この方法では、プレイヤーが一度に負けた場合、次のゲームで賭ける金額をわずか1ドルずつ増やすというルールがあります。勝った場合は、逆に1ドル減らします。このような段階的な増減は、大きな損失を回避しながら徐々に損失を回収することを可能にし、賭け金の急激な上昇を防ぎます。その結果、資金の管理がしやすくなり、長期的なゲームプレイが可能となり、安定して利益を追求できるようになるのです。

勝敗がイーブンでも利益が残る

ダランベール法(ピラミッド法)の顕著な利点の一つは、勝敗がほぼ同数であっても利益を確保できる可能性がある点です。この戦略では、負けた場合に賭け金をわずかに増やし、勝った場合にはそれを減らすことにより、短期間の連勝を最大限に利用し損失を最小限に抑えます。たとえ勝ち数と負け数が同じでも、勝ったときの利益が負けたときの損失よりも多いため、全体としてプラスの結果を得ることが可能です。このメカニズムは、結果が五分五分の状態で終了したゲームでも、わずかながら利益が残ることを意味します。このようにダランベール法は、非常にバランスの取れた賭け方であり、戦術的な賭け金の調整により、安定した利益を目指すことができます。

負け越しても利益が残る可能性

ダランベール法(ピラミッド法)では、基本の賭け金とその増減額を同じ金額に設定することで、全体の成績が負け越しであっても利益を確保する独特のシナリオが生まれます。たとえば、10ゲーム中4勝6敗の記録でも、勝利時の賭け金の設定が損失時と等しい場合、得られる利益が負けによる損失を上回ることがあります。この戦術では、勝利が少ない場合でも、勝った時に賭けた金額が高ければ高いほど、損失を効果的にカバーし、プラスの収益を生むことが可能です。ただし、この方法は基本の賭け金と増減額を精密に管理し、同額に設定することが前提となるため、事前の計画と戦略的な思考が必要です。

ダランベール法の欠点・デメリット

ダランベール法(ピラミッド法)は多くの利点を持つベッティング戦略ですが、特定の状況下ではデメリットも顕著になります。主な欠点は、連敗が続いた場合、賭け金が増え続けるため、短期間で資金を消耗するリスクが高まることです。この方法では、負けるたびに賭け金を増やすため、長い連敗が続くと賭け金が急速に膨らみ、設定した資金限度を超える可能性があります。また、勝敗が交互に来るパターンの場合、利益が出にくいという点も問題です。勝ちが続いた場合、賭け金が減少するため、大きな利益を得るチャンスが少なくなるのも欠点の一つと言えます。したがって、この戦略を適用する際は、資金管理とリスク評価に細心の注意を払うことが重要です。

勝敗が同じ数でも、連勝からの連敗だと損失が発生する

ダランベール法(ピラミッド法)を使用する際、勝敗の総数が同じでも、連勝後に連敗が続くパターンでは損失が発生するリスクがあります。この現象は、勝ちが続いた際に賭け金が徐々に減少するため起こります。例えば、初めに数ゲーム勝利して賭け金を減らした後、その後のゲームで負けが続くと、賭け金の増加が勝利時の減少に追いつかず、最終的には累積された損失が勝利で得た利益を上回る可能性が出てきます。このため、連勝した後に賭け金を大幅に減らすことによる影響を理解し、連敗リスクを管理することが不可欠です。このデメリットを軽減するためには、連勝した場合でも賭け金を適切に調整し、潜在的な連敗に備える戦略的なアプローチが求められます。

連勝しても、利益がそこまで大きくはでない

ダランベール法(ピラミッド法)を使用する際には、連勝しても得られる利益が限定的であることを理解する必要があります。この戦略では、勝つたびに賭け金を減らすことが求められるため、連勝が続いても、各ゲームでの賭け金が徐々に減少していくことになります。その結果、多くのゲームに勝っても、それぞれのゲームで賭けられる金額が小さくなるため、総合的な利益は大きく増加しないという現象が起こります。したがって、この方法は大きな一攫千金を狙うよりも、むしろ少しずつ安定して利益を積み重ねていくための戦略と考えるべきです。この点を踏まえ、期待する利益の大きさとリスクのバランスを考慮して、賭け金の管理を行うことが重要です。

ダランベール法(ピラミッド法)を使う時のポイント

ダランベール法(ピラミッド法)を使う時のポイント

ダランベール法(ピラミッド法)を効果的に使用するためには、いくつかの重要なポイントを把握しておく必要があります。この戦略を最大限に活用するためのキーとなるポイントを以下に紹介します:

連勝連敗のパターンを把握する

ダランベール法(ピラミッド法)を用いる際、連勝や連敗のパターンを理解し対応することが非常に重要です。この戦略では、勝ち負けの連続が賭け金の増減に直接影響を与えるため、これらのパターンを把握しておくことで、より効果的に賭け金を管理することが可能となります。連勝が続く場合、賭け金は徐々に減少します。これにより、大きなリスクを避けながら利益を確保することができますが、一方で勝ち続けると賭け金が減るため、大きな利益を得にくくなることも理解しておく必要があります。

逆に連敗が続く場合、賭け金は徐々に増加します。これは潜在的なリスクを高めるため、資金管理が非常に重要になります。連敗中は賭け金が増え続けるため、資金を使い果たすリスクがありますが、この増加を通じて一度の勝利で過去の損失を回収する可能性もあります。

このように、連勝と連敗のパターンを把握し、それに基づいて賭け金を調整することが、ピラミッド法を効果的に活用するための鍵です。プレイヤーはこれらのパターンを見極め、リスクとリターンのバランスを取りながら戦略的に賭けることが求められます。

勝率が極端な時の影響を理解する

ダランベール法(ピラミッド法)を適用する際、極端な勝率がどのように戦略に影響を及ぼすかを理解することが重要です。このシステムは、勝率が50%近くの場合に最も効果的に機能しますが、勝率が非常に高いまたは非常に低い状況では異なるアプローチが必要になります。

勝率が非常に高い場合:連続して勝つことで賭け金が減少し続け、これが結果的に得られる利益を限定してしまうことがあります。多く勝っても、賭け金が少なくなるため、それぞれの勝利から得る利益も少なくなります。

勝率が非常に低い場合:連敗することで賭け金が急速に増加し、短期間で大きな損失を被るリスクがあります。このシステムの下で負けが続くと、資金が迅速に枯渇する可能性が高まります。

どちらの極端な状況にも対応するため、プレイヤーは勝率の変動を注意深く監視し、必要に応じて賭け金の調整を行うべきです。また、特に勝率が低い場合は損失を最小限に抑えるために、賭け金の増加速度を遅くするか、または一時的に戦略を見直すことも考慮する必要があります。このように、勝率の極端な変動に適応することが、ダランベール法を用いる際の成功への鍵となります。

改良版ダランベール法(ピラミッド法)でデメリットを払拭する

改良版ダランベール法(ピラミッド法)でデメリットを払拭する

ダランベール法(ピラミッド法)は数多くの利点を持つ戦略ですが、いくつかのデメリットも存在します。特に、連敗が続くと賭け金が増加し、資金が急速に枯渇するリスクや、連勝しても利益が大きくならない問題があります。これらの問題を解決するために、改良版ダランベール法(ピラミッド法)が考案されました。

改良版では、以下のような戦略的変更が加えられています:

  1. 賭け金の増減制限の設定: 連敗しても賭け金が無制限に増加することがないように、賭け金の上限を設定します。これにより、大きな損失を避けながら、損失回復のチャンスを保持できます。
  2. フレキシブルな賭け金調整: 勝った際に賭け金を減らす量を固定ではなく、ゲームの進行状況や資金の状態に応じて調整することが推奨されます。これにより、連勝しても利益が小さくなり過ぎないように管理します。
  3. リセットポイントの導入: 一定のゲーム数ごと、または特定の損益到達後に賭け金を初期値にリセットすることで、リスクを再分散させます。これにより、長い連敗後でも賭け金を再び管理しやすくなります。

このように、改良版ダランベール法(ピラミッド法)は、元のシステムの弱点を補強し、より実践的で持続可能な戦略へと進化しています。これらの変更は、プレイヤーがより大きな安心感を持って戦略を適用できるようにするためのものであり、最終的なゲームの成功に大きく寄与します。

最初の賭け金を10ドルに設定して1ドルまで減った場合はリセットする

ダランベール法(ピラミッド法)を使用する際に、最初の賭け金を10ドルと設定し、勝ち続けることで賭け金が1ドルまで減少した場合にリセットする戦略は、リスク管理と利益最大化のバランスを取るための効果的なアプローチです。この方法では、連勝を通じて賭け金が徐々に減少していく過程で、最小限の賭け金に達した時点で賭け金を再び初期設定の10ドルに戻します。

このリセットは、複数回の小規模な勝利後に大きな損失を避けると同時に、新たなゲームサイクルで再度利益を追求するチャンスを提供します。賭け金が最小限になったときにリセットを行うことで、運良く連勝が続いた場合でも、一度に大きな資金をリスクに晒すことなく、安定したプレイを維持することが可能になります。この戦略を適用することで、プレイヤーは賭け金の急激な増加を防ぎながら、利益の安定化を図ることができます。また、リセットポイントを設定することにより、賭けのダイナミクスをリフレッシュし、精神的なリセットも図ることができるため、ゲームに対する集中力を持続させることが可能です。

ダランベール法と他の攻略法・必勝法と比較

ダランベール法と他の攻略法・必勝法と比較

ダランベール法(ピラミッド法)は、賭け金の管理に特化したカジノのベッティングシステムで、他の数々のベッティング戦略と比較してその独自性と効果を見ることができます。

1. マーチンゲール法との比較:
マーチンゲール法は、負けた場合に前回の賭け金を倍にして賭け続ける戦略です。これにより、一度の勝利で全ての損失を回復し利益を得ることが可能ですが、連敗が続くと賭け金が急速に増加し、資金を大きくリスクにさらします。一方、ダランベール法は賭け金の増加が非常に緩やかなため、同じ連敗が続いても、資金の急激な減少を防ぐことができ、よりリスクを管理しやすくなります。

2. フィボナッチ戦略との比較:
フィボナッチ戦略も連敗後の賭け金を増やす方法ですが、増加率はフィボナッチ数列に基づいています。フィボナッチ戦略はダランベール法よりも複雑であり、賭け金の増加が急激になることがあります。ダランベール法のシンプルさと予測しやすい賭け金の増減は、特に新しいプレイヤーや戦略的な賭けを好むプレイヤーに適しています。

3. パーレー法(パロリ法)との比較:
パーレー法では勝った場合に賭け金を増やしていく戦略で、大きな利益を狙うことができますが、リスクも高いです。一度の負けで獲得した利益が失われる可能性があります。ダランベール法は、勝利しても賭け金を減らすため、より安定した収益を求めるプレイヤーに適しており、大きな損失のリスクを抑えることができます。

これらの比較を通じて、ダランベール法はその安定性と簡潔さで、多くのカジノゲーム愛好者にとって魅力的な選択肢であることが分かります。リスクを最小限に抑えつつ、戦略的かつ計算された方法でゲームを楽しむことが求められる場合に特に有効です。

10ゲームで8勝2敗の成績の時の比較・分析

10ゲームで8勝2敗という成績を収めた場合、ダランベール法(ピラミッド法)、マーチンゲール法、グランマーチンゲール法を用いた戦略の成果を比較することで、各戦略の効果とリスクの違いを明確に理解することができます。

スクロールできます
ゲーム数勝敗結果損益 (ダランベール法)賭け金 (ダランベール法)損益 (マーチンゲール法)賭け金 (マーチンゲール法)損益 (グランマーチンゲール法)賭け金 (グランマーチンゲール法)
1勝ち545555
2勝ち93105105
3勝ち122155155
4勝ち141205205
5勝ち151255255
6勝ち161305305
7勝ち171355355
8勝ち181405405
9負け17235103515
10負け15325202035

10ゲームで4勝6敗の成績の時の比較・分析

以下の表は、ダランベール法(ピラミッド法)、マーチンゲール法、グランマーチンゲール法を用いて10ゲーム行った結果の比較です。今回のシナリオは4勝6敗を想定しています。

スクロールできます
ゲーム数勝敗結果損益 (ダランベール法)賭け金 (ダランベール法)損益 (マーチンゲール法)賭け金 (マーチンゲール法)損益 (グランマーチンゲール法)賭け金 (グランマーチンゲール法)
1負け-56-510-515
2負け-117-1520-2035
3勝ち-4655155
4勝ち25105205
5負け-365101515
6負け-97-520035
7勝ち-26155355
8負け-8710103015
9勝ち-16205455
10負け-7715104015

ダランベール法(ピラミッド法)が適するカジノゲーム

ダランベール法(ピラミッド法)が適するカジノゲーム

ダランベール法(ピラミッド法)はその独特な賭け金管理システムにより、特定のカジノゲームで特に有効です。この戦略が最も適しているとされるゲームは、勝率がほぼ50%に近いものです。以下は、この戦略を利用するのに最適なカジノゲームの例です。

ブラックジャック

ブラックジャックではダランベール法を適用するのに適したゲームです。特に基本戦略を用いることで勝率を50%近くまで高めることが可能であり、賭け金の管理を効率的に行うことができます。

あわせて読みたい
ブラックジャックのルールを基本から紹介|役や勝敗、用語なども徹底解説! ブラックジャックは、カードの合計値を21に近づけるゲームです。各プレイヤーはディーラーと対戦し、手持ちのカードで21を超えないようにしつつ、ディーラーより高い数...

バカラ

バカラはプレイヤーまたはバンカーのどちらかに賭けるゲームで、勝率が非常に均等です。引き分けを除いて考えると、勝率は50%近くになるため、ダランベール法を適用すると有効です。少額の勝利を積み重ねながら、大きな損失を避けることができます。

あわせて読みたい
バカラとは?簡単なルールと遊び方を紹介|バカラの攻略法や必勝法も徹底解説! バカラはカジノのテーブルゲームで、プレイヤーは「バンカー」または「プレイヤー」の勝利を予測します。ゲームはシンプルで、各プレイヤーに2枚から3枚のカードが配ら...

ルーレット

特に赤または黒に賭ける場合、勝率がほぼ50%となるため、ダランベール法を用いるのに適しています。賭け金の増減を管理しやすく、連敗しても賭け金が制御可能な範囲で増加するため、リスクを抑えつつ効果的にプレイすることが可能です。

これらのゲームでは、ダランベール法の賭け金の増減ルールが、ゲームの自然な勝率とうまく組み合わさり、プレイヤーが長期的に安定した成績を残すのを助けます。したがって、ピラミッド法はこれらのゲームでリスクを管理しながらコツコツと利益を得たいプレイヤーにとって理想的な選択肢と言えるでしょう。

あわせて読みたい
ルーレットのルールと遊び方、賭け方を紹介|基礎知識から勝ち方まで徹底解説! ルーレットはカジノゲームの中でも特に人気が高く、そのルールはシンプルです。プレイヤーはディーラーが回すホイールに投げ入れられるボールがどの番号や色、数のグル...

まとめ:ダランベール法(ピラミッド法)を上手に使うには

まとめ:ダランベール法(ピラミッド法)を上手に使うには

ダランベール法(ピラミッド法)は、その独自の賭け金管理システムを通じて、カジノゲームでのリスクを効果的にコントロールし、安定した利益を目指す戦略です。この戦略を最も効果的に活用するためには、以下のポイントを考慮することが重要です:

  1. 資金管理の徹底:ダランベール法を成功させるには、厳格な資金管理が必要です。賭け金の上限と下限を設定し、それを厳守することで、不必要なリスクを避けることができます。
  2. ゲーム選択の慎重:勝率が50%に近いゲームにこの戦略を適用することが理想的です。ルーレットの赤/黒、バカラのプレイヤー/バンカー、ブラックジャックなど、勝率が均等に近いゲームで使用することで、その効果を最大限に引き出すことができます。
  3. 感情に流されない:勝ちが続いても、負けが続いても、計画通りに賭け金を調整することが重要です。感情による即興の判断は避け、戦略に忠実に従うことで、長期的な成功に繋がります。
  4. 連勝連敗のパターンを理解する:連勝や連敗のパターンがどのように賭け金に影響を及ぼすかを理解し、それに適切に対応することがカギです。勝率の変動に合わせて賭け金を調整し、戦略的にゲームを進めます。
  5. 長期的な視点を持つ:ダランベール法は短期的な大きな利益よりも、長期的な安定した利益を目指す戦略です。短期的な損失に動揺せず、長期的なゲームプランに基づいてプレイを続けることが、成功への道を築きます。

これらのポイントを意識し、戦略的にダランベール法を活用することで、カジノゲームでのリスクを管理しつつ、効果的に利益を追求することが可能です。

pyramid-strategy_h1_002

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次