MENU

バーネット法(1326法)の詳細な使い方と賭け方、メリットやデメリットを徹底ガイド

Eyecatch_barnette

オンラインカジノにおいて、多くのプレイヤーが採用するバーネット法(1326法)は、守りつつ攻める戦略として知られています。特に長期的なプレイに適しており、しっかりと利益を積み重ねていきたい方に最適です。この記事では、バーネット法(1326法)の使い方や賭け方、そしてそのメリットとデメリットを詳しく解説します。

ネットカジノニュースマップスではおすすめオンラインカジノをニーズ別で比較・ランキング化しています。
是非参考にしてください。

オンラインカジノ おすすめ総合ランキング【2024年6月】
新規カジノの入金不要ボーナスランキング【2024年6月】
初回入金ボーナス 甘いランキング【2024年6月】
新しいオンラインカジノランキング【2024年6月】

目次

バーネット法(1326法)って何?

バーネット法(1326法)って何?

バーネット法(1326法)は、オンラインカジノで使用される人気の必勝法の一つです。基本的なルールは、連勝時に賭け金を「1→3→2→6」の順に増やし、負けた場合には賭け金を1に戻すというシンプルなものです。この手法の最大の特徴は、連勝時に大きな利益を得やすく、負けた場合には損失を最小限に抑えられる点です。特に長期的なプレイに適しており、安定した利益を積み重ねることができます。また、賭け金の変動が明確で管理しやすいため、多くのプレイヤーに愛用されています。バーネット法は、リスクを管理しながら効率的に利益を狙う戦略として、多くのオンラインカジノ愛好者に支持されています。

「1326」とは賭け金の変動

バーネット法(1326法)の「1326」とは、賭け金の変動パターンを示しています。この数字は、連勝時に賭け金をどのように増やすかを具体的に表しています。最初の勝利で賭け金を1に設定し、次の勝利で3に増やします。その次の勝利では2に減らし、最後に6に増やすのです。例えば、1ドルから始めると、1ドル→3ドル→2ドル→6ドルと賭け金が変動します。連敗時には、賭け金を再び1に戻すことで損失を最小限に抑えます。この方法により、連勝時には大きな利益を得やすく、連敗時には損失を抑えられます。この賭け金の変動パターンがバーネット法の特徴であり、プレイヤーがリスクを管理しつつ効率的に利益を狙うための重要な要素となっています。

バーネット法(1326法)の特性

バーネット法(1326法)の特性

バーネット法(1326法)は、連勝時に賭け金を「1→3→2→6」と増やし、負けた場合に賭け金を1に戻す戦略です。これにより、大きな利益を得やすく、損失を最小限に抑えることができます。また、長期的なプレイに適しており、安定した収益を狙えるため、慎重に利益を積み重ねたいプレイヤーに最適です。

大きな利益と小さな損失

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
11ドル勝ち+1ドル
23ドル勝ち+4ドル
32ドル勝ち+6ドル
46ドル負け0ドル
51ドル負け-1ドル
61ドル負け-2ドル
71ドル勝ち-1ドル
83ドル勝ち+2ドル
92ドル勝ち+4ドル
106ドル勝ち+10ドル

バーネット法(1326法)の特性の一つは、大きな利益を得ながら損失を小さく抑えられる点です。連勝時には賭け金を「1→3→2→6」の順に増やし、利益を最大化します。逆に、負けた場合には賭け金を1に戻し、損失を最小限に抑えます。この方法により、プレイヤーは連勝時に大きな利益を得やすく、連敗時にも損失を抑えることができます。このバランスが、バーネット法を人気の戦略にしています。

長期戦向きの戦略

バーネット法は連勝を続けることで、最大となる賭け金を賭け続け、しっかりと利益を積み重ねることができます。仮に負けたとしても、損失は少なく抑えられるため、長期戦になれば利益を増やしやすいと言えるでしょう。

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
11ドル勝ち+1ドル
23ドル勝ち+4ドル
32ドル勝ち+6ドル
............
286ドル勝ち+168ドル
296ドル勝ち+174ドル
306ドル勝ち+180ドル

この例では、ゲーム数が進むごとに賭け金を増やし続け、最終的には大きな利益を得ることができます。長期戦において、バーネット法はプレイヤーにとって非常に有効な戦略となります。

バーネット法(1326法)の使い方

バーネット法(1326法)の使い方

バーネット法の使い方、賭け方を詳しく解説します。

この賭け方は非常に簡単でシンプルなので、ぜひ覚えておきましょう。

STEP
①勝利から始めるバーネット法

バーネット法は、連勝している状況で効果を発揮する必勝法です。

そのため、バーネット法を開始するタイミングはゲームに勝った瞬間です。

一度でもゲームに勝利したら、バーネット法を始めましょう。

STEP
②「1→3→2→6」の順で賭ける

バーネット法の賭け方は非常にシンプルで、ゲームに勝った際に賭け金を「1→3→2→6」の順に増やしていきます。

連勝するたびに「1→3→2→6」と賭け金を増やしていきますが、負けた場合には賭け金を増やさず、注意が必要です。

STEP
③A:6まで進んだらそのまま6を賭け続ける

ゲームに勝ち続けると、「1→3→2→6」の順に賭け金を上げていきます。

その後も連勝が続く場合には、賭け金は6ドルのまま賭け続けます。

このようにして、連勝時には効率よく利益を積み重ねることができるのが、バーネット法の賭け方の特徴です。

STEP
③B:負けたら最初に戻る

バーネット法を使用中に負けた場合は、賭け金を1ドルに戻しましょう。

再び1ドルからスタートし、連勝するごとに「1→3→2→6」と賭け金を増やしていきます。

賭け金を1ドルに戻すことで、負けた際の損失を最小限に抑えることができます。

ルーレットでのバーネット法(1326法)実践

ルーレットでのバーネット法(1326法)実践

今回はバーネット法をヨーロピアンルーレットで使用してみました。ゲーム数は全5ゲームの結果となっています。基本となる賭け金は今回わかりやすく1ドルとし、「1ドル→3ドル→2ドル→6ドル」と増やしていきます。

第1ゲーム

1ゲーム目の賭け金は1ドルです。結果は勝ちとなり、損益は+1ドルとなります。

第2ゲーム

2ゲーム目の賭け金は、バーネット法のルールに従い3ドルです。結果は負けとなり、損益は-2ドル(合計損益は-1ドル)となります。

第3ゲーム

3ゲーム目の賭け金は、再び1ドルです。結果は勝ちとなり、損益は+1ドル(合計損益は0ドル)となります。

第4ゲーム

4ゲーム目の賭け金は、バーネット法のルールに従い3ドルです。結果は勝ちとなり、損益は+4ドル(合計損益は+4ドル)となります。

第5ゲーム

5ゲーム目の賭け金は2ドルです。結果は勝ちとなり、損益は+2ドル(合計損益は+6ドル)となります。

実践結果のまとめ

ルーレットにおけるバーネット法の結果を表にしたものがこちらです。

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
11ドル勝ち+1ドル
23ドル負け-2ドル
31ドル勝ち0ドル
43ドル勝ち+4ドル
52ドル勝ち+6ドル

最初に勝ち負けを繰り返しましたが、最終的に損益+6ドルで終了となりました。バーネット法を用いることで、負けを最小限に抑えながら、着実に利益を積み重ねることができることがわかります。

バーネット法(1326法)の賭け方のメリット

バーネット法(1326法)の賭け方のメリット

バーネット法(1326法)の最大のメリットは、連勝時に効率的に利益を積み重ね、連敗時には損失を最小限に抑えられる点です。この戦略は、勝ち続けることで賭け金を「1→3→2→6」と増やし、連勝が続けば大きな利益を得られます。さらに、負けた場合には賭け金を1に戻すことで損失を最小限に抑えます。これにより、安定した収益を目指しながらリスクを管理できるため、長期的なプレイにも適しています。このバランスが、多くのプレイヤーにとって魅力的なポイントとなっています。

連敗後も利益が残る

バーネット法の特徴は、連勝後に連敗しても利益を残せる点です。

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
11ドル勝ち+1ドル
23ドル勝ち+4ドル
31ドル負け+3ドル
41ドル負け+2ドル
51ドル負け+1ドル
61ドル勝ち+2ドル
73ドル勝ち+5ドル
82ドル勝ち+7ドル
96ドル勝ち+13ドル
106ドル勝ち+19ドル

こちらの表では、最初の2連勝後に3連敗し、その後5連勝したゲーム結果です。

連敗があっても、最終的には+19ドルの利益が残っています。このように、バーネット法は連敗後にも損失を抑えつつ、堅実に利益を増やせる必勝法であることがわかります。

連敗でも損失は小さい

バーネット法のもう一つの大きなメリットは、連敗しても損失が小さい点です。賭け金を「1→3→2→6」と増やすことで、連勝時に大きな利益を得られます。一方、負けた場合は賭け金を1に戻すため、損失を最小限に抑えられます。

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
11ドル勝ち+1ドル
23ドル勝ち+4ドル
31ドル負け+3ドル
41ドル負け+2ドル
51ドル負け+1ドル
61ドル勝ち+2ドル
73ドル勝ち+5ドル
82ドル勝ち+7ドル
96ドル勝ち+13ドル
106ドル勝ち+19ドル

この表では、最初の2連勝後に3連敗し、その後5連勝した結果です。5連勝で得た利益は+19ドルに対し、3連敗時の損失は非常に小さいことがわかります。バーネット法は連勝時に大きな利益を確保し、連敗時の損失を抑えられる点が大きなメリットです。

多くの連勝で利益が増加

バーネット法の大きな特徴は、多くの連勝によって利益が大きく増加する点です。賭け金を「1→3→2→6」と増やしていくことで、連勝を続ければ続けるほど利益が積み重なります。

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
11ドル勝ち+1ドル
23ドル勝ち+4ドル
32ドル勝ち+6ドル
............
286ドル勝ち+168ドル
296ドル勝ち+174ドル
306ドル勝ち+180ドル

こちらの表は30ゲームの結果です。

すべてのゲームで勝った場合、連勝数が多いほど賭け金は最大の6ドルに達し、利益も大きくなります。実際、30ゲーム目には利益が+180ドルに達し、大きな稼ぎが得られます。このように、バーネット法は連勝時に大きな利益をもたらす戦略です。

バーネット法(1326法)の賭け方のデメリット

バーネット法(1326法)の賭け方のデメリット

バーネット法(1326法)のデメリットは、連勝が続かないと効果が薄れる点です。勝ち負けが交互に続く場合や連敗が続く場合には、期待する利益を得るのが難しくなります。また、連勝が必要なため、短期的なプレイには向いていません。この戦略は、連続して勝利を収めることが前提となっているため、安定した勝率が求められます。

連勝なしでは利益なし

バーネット法は連勝していくことで利益を着実に積み重ねるオンラインカジノ必勝法です。しかし、勝ち負けが交互に続く場合や連勝が続かない場合には、期待する利益を得るのが難しくなります。

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
11ドル勝ち+1ドル
23ドル負け-2ドル
31ドル勝ち-1ドル
43ドル勝ち+2ドル
52ドル負け±0
61ドル負け-1ドル
71ドル勝ち±0
83ドル勝ち+3ドル
92ドル負け+1ドル
101ドル負け±0

この表では、勝ち負けが交互に続く場合の損益結果を示しています。連勝がないため、最終的な利益は出ていません。このことから、バーネット法は連勝時にしか効果を発揮しない必勝法であることがわかります。

交互の勝敗では利益が出ない

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
11ドル勝ち+1ドル
23ドル負け-2ドル
31ドル勝ち-1ドル
43ドル負け-4ドル
51ドル勝ち-3ドル
63ドル勝ち0ドル
72ドル負け-2ドル
81ドル勝ち-1ドル
93ドル負け-4ドル
101ドル勝ち-3ドル

バーネット法は、一度勝つと次のゲームで賭け金を3ドルに増やすルールです。そのため、勝敗が交互に続くと損失が積み重なります。

この表では、勝敗が交互に続いた場合の損益結果を示しています。勝ち負けが交互に続くと、損失が増えていくため、バーネット法は有効ではありません。

長期戦を覚悟した進行

バーネット法は、連勝が続けば早い段階で利益を確保できますが、勝敗が交互になると利益を出すまでに時間がかかることがあります。そのため、短期間での利益を目指す戦略ではなく、長期的にゲームを進める覚悟が必要です。

この方法は、連勝と連敗のパターンによって利益が左右されるため、あらかじめ長期戦を見据えてじっくりとプレイする必要があります。バーネット法を使用する際は、短期間での大きな利益を期待せず、長期的な視点でプレイすることが重要です。

バーネット法(1326法)の応用技

バーネット法(1326法)の応用技

バーネット法は、通常「1→3→2→6」の順で進めることで堅実に利益を得ることができますが、大きな収益を上げるのは難しいです。

しかし、バーネット法を応用することで、より高い収益を狙うことも可能です。応用技を取り入れることで、賭け金をさらに効果的に増やし、稼ぎやすくすることができます。

2倍賭けの応用「2→6→4→12」

バーネット法を通常の「1→3→2→6」から2倍にした応用法「2→6→4→12」を紹介します。これにより、より短期間で大きな利益を狙うことができます。

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
12ドル勝ち+2ドル
26ドル勝ち+8ドル
34ドル勝ち+12ドル
412ドル勝ち+24ドル
512ドル勝ち+36ドル

通常の賭け方「1→3→2→6」との比較

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
11ドル勝ち+1ドル
23ドル勝ち+4ドル
32ドル勝ち+6ドル
46ドル勝ち+12ドル
56ドル勝ち+18ドル

「1→3→2→6」の通常賭けを2倍にした「2→6→4→12」の場合、5ゲーム終了時点での利益は大きく異なります。2倍賭けの方が、5ゲーム後に+36ドルの利益を得られるのに対し、通常賭けでは+18ドルの利益です。

さらに、2倍賭けでは負けた場合でも賭け金を2ドルに戻すため、損失を抑えることができます。このように、2倍賭けを活用することで、通常賭けよりも大きな利益を得ることが可能になります。

6倍賭けの「6→18→12→36」

6倍賭けの「6→18→12→36」を紹介します。この方法では、通常のバーネット法よりも賭け金を6倍に設定することで、より大きな利益を狙います。

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
16ドル勝ち+6ドル
218ドル勝ち+24ドル
312ドル勝ち+36ドル
436ドル勝ち+72ドル
536ドル勝ち+108ドル

通常賭け「1→3→2→6」の5ゲーム目損益と比較

ゲーム数賭け金勝敗結果損益
11ドル勝ち+1ドル
23ドル勝ち+4ドル
32ドル勝ち+6ドル
46ドル勝ち+12ドル
56ドル勝ち+18ドル

6倍賭けの応用では、通常の「1→3→2→6」と比べて、5ゲーム終了時点での利益に大きな差が生じます。6倍賭けでは+108ドルの利益に対し、通常賭けでは+18ドルの利益です。

このように、6倍賭けを用いることで、短期間で大きな利益を得ることが可能になります。負けた場合でも賭け金を6ドルに戻すため、損失を抑えることができます。6倍賭けを活用することで、通常のバーネット法よりも高い収益を目指せます。

バーネット法(1326法)と他の必勝法比較

バーネット法(1326法)と他の必勝法比較

バーネット法(1326法)は、連勝時に賭け金を増やし、連敗時に損失を抑える戦略です。グッドマン法、パーレー法、グランパーレー法と比較すると、バーネット法は安定した利益を得やすく、リスク管理がしやすい特徴があります。連勝が続くと大きな利益を得られますが、他の高リスク戦略と比べて損失を最小限に抑えられる点が魅力です。それぞれの戦略の違いを理解し、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

10連勝した場合の比較

まず、全てのゲームに勝利した場合のバーネット法と他の必勝法の比較を行います。これにより、各戦略の最高効率を確認します。

ゲーム数勝敗結果バーネット法 賭け金バーネット法 損益グッドマン法 賭け金グッドマン法 損益パーレー法 賭け金パーレー法 損益グランパーレー法 賭け金グランパーレー法 損益
1勝ち1ドル+1ドル1ドル+1ドル1ドル+1ドル1ドル+1ドル
2勝ち3ドル+4ドル2ドル+3ドル2ドル+3ドル3ドル+4ドル
3勝ち2ドル+6ドル3ドル+6ドル4ドル+7ドル9ドル+13ドル
4勝ち6ドル+12ドル5ドル+11ドル8ドル+15ドル27ドル+40ドル
5勝ち6ドル+18ドル5ドル+16ドル16ドル+31ドル81ドル+121ドル
6勝ち6ドル+24ドル5ドル+21ドル32ドル+63ドル243ドル+364ドル
7勝ち6ドル+30ドル5ドル+26ドル64ドル+127ドル729ドル+1093ドル
8勝ち6ドル+36ドル5ドル+31ドル128ドル+255ドル2187ドル+3280ドル
9勝ち6ドル+42ドル5ドル+36ドル256ドル+511ドル6561ドル+9841ドル
10勝ち6ドル+48ドル5ドル+41ドル512ドル+1023ドル19683ドル+29524ドル

勝ち負けが交互の場合の比較

次に、勝ち負けが交互に続いた場合のバーネット法と他の必勝法の比較を行います。具体的には「勝ち勝ち勝ち勝ち負け勝ち勝ち負け負け勝ち」の順で進めます。

ゲーム数勝敗結果バーネット法 賭け金バーネット法 損益グッドマン法 賭け金グッドマン法 損益パーレー法 賭け金パーレー法 損益グランパーレー法 賭け金グランパーレー法 損益
1勝ち1ドル+1ドル1ドル+1ドル1ドル+1ドル1ドル+1ドル
2勝ち3ドル+4ドル2ドル+3ドル2ドル+3ドル3ドル+4ドル
3勝ち2ドル+6ドル3ドル+6ドル4ドル+7ドル9ドル+13ドル
4勝ち6ドル+12ドル5ドル+11ドル8ドル+15ドル27ドル+40ドル
5負け6ドル+6ドル5ドル+6ドル16ドル-1ドル81ドル-41ドル
6勝ち1ドル+7ドル1ドル+7ドル1ドル±0ドル1ドル-40ドル
7勝ち3ドル+10ドル2ドル+9ドル2ドル+2ドル3ドル-37ドル
8負け2ドル+8ドル3ドル+6ドル4ドル-2ドル9ドル-46ドル
9負け1ドル+7ドル1ドル+5ドル1ドル-3ドル1ドル-47ドル
10勝ち1ドル+8ドル2ドル+7ドル2ドル-1ドル3ドル-44ドル

このように、各必勝法の結果を比較すると、バーネット法は連勝時の利益が安定していることがわかります。一方、グランパーレー法などの高リスク高リターン戦略は、連敗が混じると損失が大きくなる傾向があります。

バーネット法とグッドマン法の比較

バーネット法とグッドマン法は似ていますが、賭け金の増やし方に大きな違いがあります。

バーネット法は「1→3→2→6」という順序で賭け金を増やしますが、グッドマン法では「1→2→3→5」の順に賭け金を増やします。

連勝時により大きな利益を狙いたい場合はバーネット法が適しています。一方、負けた際の損失をできるだけ抑えたい場合にはグッドマン法を使用すると良いでしょう。

バーネット法(1326法)の注意点

バーネット法(1326法)の注意点

バーネット法(1326法)は、守りに特化した堅実なオンラインカジノ必勝法ですが、使用する際にはいくつかの注意点があります。効果を最大限に引き出すためには、連勝時に賭け金を増やし、負けた場合には速やかに賭け金を減らすことが重要です。また、連敗が続く場合には他の戦略も考慮する必要があります。

連勝している時点で必勝法を止める

バーネット法は、連勝している間に最も効果を発揮するため、負け始める前に止めることが重要です。連勝中に止めるのは勇気が必要ですが、確実に利益を確保するためには欠かせません。バーネット法では多少の連敗があっても利益が残りますが、連勝時に止めることで利益率をさらに高めることができます。この戦略により、安定した収益を実現しやすくなります。

連敗や交互の勝敗では他の必勝法を試す

連敗が続いたり、勝ち負けが交互に繰り返される場合、バーネット法では十分な効果を発揮できません。バーネット法は連勝することで利益を得る戦略のため、勝ち負けが交互に続くと損失が徐々に増えていきます。このような状況では、損失回収を目的とした「マーチンゲール法」「モンテカルロ法」「ココモ法」などを試すことをお勧めします。さらに、勝ち負けが交互に続く場合には「ウィナーズ法」が効果的です。これらの方法を活用して、状況に応じた戦略を取り入れましょう。

バーネット法(1326法)が適用可能なカジノゲーム

バーネット法(1326法)が適用可能なカジノゲーム

バーネット法(1326法)は、配当が2倍で勝率が約50%のカジノゲームにおいて非常に効果的な戦略です。この戦略は、連勝時に賭け金を増やし、連敗時に損失を最小限に抑えることができます。特に、以下の3つのカジノゲームでバーネット法を活用するのが最適です。

バカラ

バカラでは、バンカーまたはプレイヤーに賭けることで、勝率約50%、配当2倍のゲームが楽しめます。ノーコミッションバカラの場合、バンカーに賭けると配当は2倍になりますが、通常のコミッションバカラでは配当が1.95倍になるため注意が必要です。バーネット法を用いることで、連勝時に賭け金を増やし、連敗時に損失を抑えることができ、バカラでも効果的に利益を狙うことができます。

ブラックジャック

ブラックジャックでは、プレイヤーとディーラーが対戦するため、配当は2倍となります。勝率はプレイヤーが勝つかディーラーが勝つかの約50%であり、バーネット法を効果的に使用することができます。バーネット法を活用することで、連勝時に賭け金を増やし、連敗時に損失を最小限に抑え、ブラックジャックでも安定した利益を狙うことが可能です。

ルーレット

ルーレットでは、勝率が約50%を狙える賭け方が3つ存在します。これらの賭け方を使用することで、バーネット法を効果的に活用することができます。具体的な賭け方は以下の通りです。

  • 赤黒賭け: 赤または黒に賭ける方法です。ルーレットのホイールには赤と黒のポケットがそれぞれ18個ずつあり、勝率は約50%です。
  • 奇数偶数賭け: 奇数または偶数に賭ける方法です。この賭け方も同様に、勝率は約50%となります。
  • ハイロー賭け: 1から18の低い数字(ロー)または19から36の高い数字(ハイ)に賭ける方法です。この賭け方も勝率が約50%です。

これらの賭け方を使用することで、連勝時に賭け金を増やし、連敗時に損失を最小限に抑えるバーネット法を効果的に活用できます。これにより、安定した利益を狙うことができます。

まとめ:バーネット法(1326法)の賭け方

まとめ:バーネット法(1326法)の賭け方

バーネット法(1326法)は、オンラインカジノの利益追求型戦略の中でも非常に堅実な手法です。この方法は、連勝時に利益を最大化しつつ、連敗時には損失を最小限に抑えることができるため、他の戦略と比べても非常にバランスの取れた戦略です。連勝時には確実に利益を得られ、連敗時にはリスクを抑えられるため、プレイヤーから非常に人気があります。

また、バーネット法は長期戦に向いているため、長時間にわたってカジノゲームを楽しむ場合にも適しています。損失を最小限に抑えながら利益を積み重ねる戦略は多くないため、この方法を覚えて活用することで、安定した収益を目指すことができます。バーネット法を使いこなすことで、カジノゲームでの成功確率を高めましょう。

Eyecatch_barnette

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次